【コールマン】コンフォートマスター丸テーブル2年愛用した結果ファミキャン向き

初めに言っておきます。

ソロキャンにはちと向きません。

2人以上で特にファミリーキャンプ向けという感じですかね

大きさと重量もそこそこあるし

てなわけでとりあえず設営動画

 

この投稿をInstagramで見る

 

コンフォートマスターのテーブルを設営するだけの動画 #設営#コールマンテーブル #コンフォートマスター

yotara(@yotara_outdoor)がシェアした投稿 –

コールマンのシリーズで

【コーンフォートマスター】

となると少し値段が高く購入するには抵抗を感じますね、しかし、コンフォートの「ロゴ」が同じコールマンでもちょっと優越感に浸れる…

自分はずっと憧れのあった【コンフォートマスター】キャンプサイトで使っているのを見て「あの丸テーブルいいなぁ~」と感じていました。

結果

購入しましたがキャンプ・アウトドアで使うよりも家の中でメインテーブルとして使用する方が多くなってしまいました。

コールマンのコンフォートマスターシリーズに限らず最近のアウトドアのテーブルは本当にオシャレな物が多いし作りもしっかりしているなぁ~

 

【コールマン】コンフォートマスター丸テーブル2年愛用した結果ファミキャン向き

Colemanコンフォートマスターバンブーオーバルテーブル/85

リビングルームのテーブルとして使用してます。

  • 寸法:直径 約85cm 高さ40cm(ロースタイル)60cm(ハイスタイル) 
  • 重量:8.6㎏

表記上こんなん

感覚的に5人家族でご飯を食べる時若干狭いと感じる時があります。

ただ先程の通りソロキャンは不向きです。

 

重量8.6㎏は地味に重いです。

折りたたむと真ん中の部分の棒が持ちやすい
収納時持つとこんなん
これ設営や場所移動時にちと重い
持ち運びできるけど…なんか重い
恐らく8.6㎏という重さが一人で持ち上げられるからだと思います。これ以上重いと
「ちょっと手伝って!」
てなるけど
「あぁこれくらいなら、まぁ一人で動かせるな」
手に持つとそう感じさせるので、移動時や設営時にぎっくり腰までとは言いませんが油断すると腰にくることがありますね
とはいえ決して持てない重さではありません。
設営もワンタッチでめちゃくちゃ簡単です。細かいこと言えばの話で…

ハイスタイルの高さが絶妙

微妙な60cmていう
普通ハイタイプだと高さが70cm位~ですが
この【コンフォートマスター】
60cm
ここがみそで
僕の使っているオンウェーの椅子の高さにバチコンはまる!(高さ約40cm)
関連記事

しょっぱないきなりデメリットからいきます。収納時がでかい価格が高め(2万円以上)もうこれだけですねこの椅子の悪い所、後は申し分ありません!まさに「映画を2時間観ても疲れない椅子」とはよく言ったもんです。2年間[…]

オンウェー(高さ約40cm)みたいなちょっとくつろぎ系の椅子だとハイタイプのテーブル場合机が高く感じますが【コンフォートマスター】は丁度いい
そしてほかのモデルにしても
例えばコールマン奥のピンクの椅子(高さ約30㎝)
どちらかというとロースタイルですがこの椅子でも変な違和感は感じず使用できます。(身長170cm~165cmの場合)
写真左の赤い椅子(高さ約50cm)でも問題ない
1つポイントがあります。
ここ、テーブルの裏部分
※テーブルは裏のロックは必ずしましょう。
この部分ですがロックしなくてもテーブルが使えてしまうのですが、ここでロックしないと椅子や座敷の状態で立ち上がる時に
「どっこいしょ!」
と手を置いてしまいがちです。
その時
真っ二つに割れて撤収モード
になるのでテーブルの上のもの全部落ちます。(経験済み)
是非気を付けましょう

質感はツルツルで手入れも簡単

ビジュアルは見たまんま

結構明るいです。

表面のコーテイング?が光沢がありツルツルしています。

プラスチックの食器などは結構滑りやすいかもです。特に結露等で下が濡れている時注意です。

恐らくコーテイング?の材質がしっかりしているのだろうなと感じました。

 

まとめると

ドラえもんのどこでもドア並みに使える

は言い過ぎかもですがソロキャンのような1人の状況以外だったらいけるんじゃないんですかね

  • BBQ
  • 花見
  • リビングテーブル
  • キャンプ
  • お店のテーブル
  • 調理・作業台
  • ちょっとした会議用

などなど

一家に一台ドラえもん

は安いかも・・・

最新情報をチェックしよう!