アウトドア好き必見!失敗しないキャンプ用品選びこれだけあればまず楽しめる!

  • 2020年4月29日
  • 2020年7月21日
  • camp, outdoor
  • 19view

初心者だけどキャンプに行きたい。アウトドアしたい。だけど何から揃えたらいいのか?何が必要なのか?失敗しないキャンプ用品が知りたいです。

選ぶべきもの5つ教えます。

子供とのキャンプ歴5年の引きこもりキャンパーです。夫婦でアウトドア好きで暇さえあれば庭でキャンプ!

一度に揃える必要はないと思います。段階的に進めて最後はまじでかっこいいキャンパーに仕上げましょう!!

たくさん失敗したから言えること・・・・

 

【脱初心者】キャンプ用品これさえあれば楽しめる5選!!徹底解説!

選ぶべきキャンプ用品5選は下記の通り

  1. テント
  2. シュラフ  
  3. ランタン(ライト等、灯りとなるもの)
  4. 焚き火台
  5. テーブル・椅子

これさえあれば、いつでも、どこでもキャンプに行けます

好みもありますが同じブランドでそろえて統一感出すと結構きれいです。

ゴリゴリに1~10までそろえすぎるのも「ちょっと」てな感じだと思うのですが

でも一番のカッコよさは

使いこなしている感

がにじみ出るといいですね。

ですが初心者にはみられない好きなブランドで集めればわりとカッコいいキャンパーの出来上がりです。

初心者の頃の失敗談(避難民キャンパー化した話)

他のキャンパーさんたちがマジでカッコよく見えてがっかりしたことを今でも鮮明に覚えています。

とりあえず購入したものは

コールマンのテントのみ

他は家にある布団・椅子・テーブル・鍋・焚き火台は車のホイールを魔改造したもの

  1. 準備段階なんか楽しいキャンプ場ついてさらにテンション↑↑
  2. テンション高めでテント設営♪
  3. 半切状態で何とか設営終了!そして椅子やテーブル配置!!
  4. 「ん!」なんかホームレスぽい!?
  5. 周りのキャンパー見る
  6. みんなくそカッコいい

こんな感じでぱっと見で難民キャンプ化に見事に成功

初心者は設営は時間がかかります。

各メーカーコンパクトで誰でも設営できるようにはなっていますが

やはりポイントおさえないと実際結構あせるので

難民キャンプ化しないようある程度の知識とポイントは頭に入れましょう

関連記事

アウトドア初心者でキャンプをはじめたいと思っている人とりあえずテントを購入したいのだが何を基準に選べばよいのかわからない買ってから後悔したくないなぁ・・・アウトドアを楽しむためにも最低限、頭の片隅に入れておくべき事を[…]

関連記事

「ワンポールテント」本当に増えてきましたね形といいい、いかにもキャンプという感じで憧れますよねキャンプ場でもついつい目がいってしまい存在感もバッチリ!今回はそんなワンポールテントの紹介です。 […]

さてまずは具体的に

「1LDK」の家を作るイメージです。

その上でなにが必要か考えた時4つのカテゴリーで考えてみます

  1. 寝室→テント・マット・シュラフ 
  2. リビング→テーブル・椅子・ランタン  
  3. キッチン→クーラーBOX・BBQグリル・ガスコンロ・調理グッツ  
  4. 庭→焚き火・斧・雨風しのげるタープ・遊びグッツ 

あなたが一番欲しいものはなんですか?好きなブランドはなんですか?

5選の中で多いカテゴリーは寝室ですよね。

キャンプの中で一番目玉となりそして一番地ラックスできる場所!!

 

キャンプ用品5つを徹底解説

①テント

 

コールマン
出典:Coleman コールマンのタフドーム3025

 

4つのカテゴリ中でも一番高額!!

テントのブランドが決まったら統一して買うとまじかっこいよくなります。

テントは色々な種類があります。

  • ドームテント
  • 1LDKテント
  • ワンポールテント
関連記事

アウトドア初心者でキャンプをはじめたいと思っている人とりあえずテントを購入したいのだが何を基準に選べばよいのかわからない買ってから後悔したくないなぁ・・・アウトドアを楽しむためにも最低限、頭の片隅に入れておくべき事を[…]

テント選びは 人数×目的で選ぶのが最適です!

特に人数は表記人数+1~2人がいいですよ

我が家はドームテントとワンポールテントがありますが

ドームテントがやっぱり最高です!(コールマン)タフワイドドーム3025

を使っています!子供3人、大人2人の5人家族気持ちよくねれますね

雨風もしっかりしのげて快適空間です。

 

ワンポールテントは設営楽!

ワンポールテント
DODビッグワンポールテントT8-200T

 

そして何しろ見栄えがかっこいい!そして広いですが、高さがあるので風が吹いた時心配になります。

関連記事

「ワンポールテント」本当に増えてきましたね形といいい、いかにもキャンプという感じで憧れますよねキャンプ場でもついつい目がいってしまい存在感もバッチリ!今回はそんなワンポールテントの紹介です。 […]

初心者で寝心地安心感はドームテントです!

何回かキャンプに行って余裕がでたらワンポールテント購入しての方がいいと思います!

 

②シュラフ(寝袋)

シュラフ

子供が小学校入らない小さい子でしたら、キッズ用ので良いと思いますが、大人用の方が長く使えます!初めから大人用がおすすめです!

 

シュラフもいろんな種類があります。ざっとの説明ですが

・布製のシュラフ
・ビニール製のシュラフ

どっちを選ぼうか迷いますよね?

うちは、両タイプ使っています。

左3つはビニール製(子供が気分で使う)、右2つはコールマンの布タイプ(連結可能)

シュラフ

おすすめなのは布製です!!

なぜかというと子供は食べ物こぼしたり、汚したり。いやいや大人だって酒飲んで酒こぼしたり・・・

洗濯できます。

だいたいうちは陽気が暖かくなってから行くのですが、

汗っかきの子供たち旦那はビニール製だと「はりっついていや!!」とい言ます。そして洗濯もビニールだと洗いにくいし、洗っていいの?って感じです!

シャカシャカが好きならいいと思います。

布タイプビニール製
メリット汗を吸ってくれる、肌触りがいい体感的に暖かく感じる、すぐにあったまるように感じる
デメリット少しコンパクトにしずらい、汗等でべたつきやすい、カビやすい

 

特にコールマンの布製は子供キャンプ におすすめです!

しかも連結できます。

 

③ランタン(ライト類)

ライト

当たり前ですが夜は暗いです。

そして想像以上にキャンプ場は暗く感じます

周りに街頭など少ない為そう感じます。

手元や足元を明るくするのもですがランタンはマジで雰囲気出ます!!何と言っても焔の明るさ!ランタンは夜のキャンプの最高の相棒なんです!

キャンプ場には電気はありません。(ある場所もありますが)

手持ちライトは

トイレに行く・水道場所に行く・お散歩など最高の相棒になります

種類あり

  • ガス
  • 灯油
  • ガソリン
  • 電池

初心者はガスか電池タイプがオススメ

メンテナンス性とあと燃料を忘れた場合

ホームセンター等で売っている確率高いです!

 

ただ注意点あり

できるだけランタンの種類は統一した方が良いです

種類が多すぎると・・・

電池、灯油、ガス、ホワイトガソリン

これらの燃料となるものを必ず準備しなければなりません。必然的に荷物も多くなりますね、燃料のスペースも車の中だと馬鹿にできません。できるだけコンパクト化しましょう。

災害時にも活躍

停電になった時よ何かあった時も大活躍します!!ランタンは何個あってもいいと思います。

好きな自分らしいランタン探してください!

インテリアにもなるくらい可愛いランタンもあるんですよ!

 

④焚き火台

焚火

キャンプ=焚火

ですね。最近は直火の所が少なくなってきているので必須アイテムです。どれも簡単に設置できるものばかりなので安心して使用できます。やはりコールマン系が簡単で女性にもオススメです。

当方使用しているのは

コールマン ステンレスファイヤープレイスIII

めちゃ使えます。そして使いまくってます。

焚き火台に関しては本当に色々失敗して考えまくりました!タイヤのホイール使ったり、おしゃれだけで購入したけど・・・

なにが最高かというと、耐久性抜群です。

しかも一台で、寒さ対策・ご飯作り・BBQまでこれ一つでまかなえちゃいます!!重量はほかの焚火台と比べると重いもののたかが知れています。

マジでおすすめですよ!!!

おすすめの記事

庭先で50回以上は使用しています。(結構荒い使用だと思う)全く問題ありません。使った後もそのまま放置です。一様屋根が少しある所に保管していますが(雨など降れば少し濡れます)若干の錆はどうしても出てきますがこれだけの使用量での熱の変化でボ[…]

 

⑤テーブル・椅子

キャンプ用の椅子とテーブル

コールマンのテーブルを畳んだ状態コールマンのテーブル

 

これがなければものも置けないし、食べたりできません!テーブルはそんなに大差ないのでなんでもいいと思います。丸テーブルと四角いテーブル用途で使い分けたほうが良いでしょう

・丸テーブル→食事
・角テーブル→調理、作業、置き場

椅子は好みでOK

子供はなんでもOK!!可哀想でけど座っているのなんてご飯の時だけだし・・

大人ですよ!!親ですよ!!

いい椅子持ってれば疲れ度軽減します!!しかもそこでうたた寝しても疲れませんが、ただこういった椅子はフレームがしっかりとしたつくりが多い為収納時にコンパクトになりずらい価格が少し高いデメリットもあります。

とはいえやはりいい椅子はいい

おすすめの記事

しょっぱないきなりデメリットからいきます。収納時がでかい価格が高め(2万円以上)もうこれだけですねこの椅子の悪い所、後は申し分ありません!まさに「映画を2時間観ても疲れない椅子」とはよく言ったもんです。2年間[…]

 

キャンプ用品は家の中で楽しめる

今こんな時期でキャンプ 場も行けず、どこも出かけられず・・・本当にストレスたまる生活を皆さん送っているかと思います。

だからこそ庭や部屋のほんの小さいスペースでうちキャンプ場ができます。

しかもキャンプに行く前に練習までできちゃえるんです!!

プラスに考え皆んなでキャンプ好き仲間で、ワンチームで!!

乗り越えましょう!

終息して、いつかどこかのキャンプ場で会えるかも・・・

この辛い時期を乗り越えていきましょう!!

アウトドアキャンプ
最新情報をチェックしよう!