育児のイライラみんな一緒!5秒まて!お母さんあなたは女優です。

どうすればイライラしないか・・・子供との向き合い方・・

本当にイライラせず、感情的にならないでいられるのか?

 

イライラは、子供に。悪影響だと思います、優しいお母さんになりたいです。

そしていい子になる方法を知りたいです。

主婦歴12年

現在、私は10歳、8歳の男の子、6歳の女の子のお母さんをしています。

 

今回は私に実体験から基づいて書いてます。

それではどうぞ

イライラ・感情的になった時は「5秒待つ」ことが大切です。

結論から言うと、チョーイライラしてきたら

「い〜ら〜い〜ら〜す〜る〜!!」

と5秒声に出す。これだけです!

マジで結構効果ありです。

 

何故か?

無理やり声に出して数秒たつと副交感神経とやらで

自然に怒りの頂点は収まるようです。

 

ハッキリ言って毎日イライラしてます

お母さん歴10年実際、毎日イライラしてます。

そしてカッとなります。

カッとなった時は一瞬で、間も開けずそのまま感情的に怒る。

子供が泣く。その声にまたイライラ怒る。

その繰り返しでした。

 

ホルモンバランス等で些細なことでイライラしたり・・・

夫婦の間、他のことでイライラしたり・・・

感情的になる時は子供もなに怒られてるかわからず怒られてることの方多く。

「何やってるんだろう」「ごめんね」

という気持ちになりました。

 

「この5秒ルール」

なぜか感情的にならず、イライラも軽減しました。

しかも

「い〜ら〜い〜ら〜す〜る〜]

とゆっくり言ってる自分に笑えてきたり、なにやってんだろ?

子供も

「えっ??!」

お母さん大丈夫?

みたいになったりこのフレーズで子供もヤバイ!!

と感じるようになりました。

もちろんイライラはゼロにはなりませんが

しっかり落ち着いて子供を叱れるようになりました。

 

 

怒ると叱るの違いとは・・・?

怒る」怒り手の感情を外に爆発させること「叱る」とは、相手によりよい「方法を教示すること」

もう少し言えば

・怒る=感情100%

・叱る=感情0%

 

前までは怒る・叱るという事はあまりよく考えませんでした。

私も前までカッとなり感情的に怒っていました。

子供からしたら

「お母さんなんで怒ってるのだ?」

と思っても怒られてるから言えない。

 

感情的に言っても何も変わりません。

感情的になった後、子供の寝顔見て後悔したり・・・

そして5秒待つをしたら、一回頭の中がリセットして

「なにがダメだったか」「OOやったらこうなっちゃうよ」

と叱ると、子供の言い分も聞けるようになりました。

怒るとはネガティブ・叱るはポジティブ

 

親にとっても、子供にとっても良くなるという事ですね。

でも普段の生活では

『怒る』

ワードの方を使いますね。

「お母さんに怒られたー」とか「怒られないようにしなさいよ」とか「もういい加減怒るよ」とか

お母さんだって人間です。

感情的にならないことだけを意識して、毎日子供を怒ってます!叱ってます!

子供と一緒に成長していきましょう!!

「い〜ら〜い〜ら〜す〜る〜」

5秒待つ 効果大です!!

 

いい子・優しいお母さんになる方法

ズバリお母さんの演技です!!女優になりましょう!!

 

演技でも笑って楽しくご機嫌でいると、子供も自然と笑顔になります。

一人の「女」です。

そんな時「私は女優」

イライラしてる時って、笑えないし、楽しいことできないですよね。

 

女優になった気持ちで接する。笑う。オーバーリアクションとったり・・・

なかなか効果あります。

そして母でもあります。

演技?嘘ついてもいいの?女優??何言ってんだ?と思いますよね・・・

私は、小学6年(男)小学3年(男)小学1年(女)のお母さんしてますが

喧嘩も毎日、そりゃ男2人なら荒っぽい喧嘩にもなったり、妹だって手加減なし。

ゲームばっかりだし、誰かが遊んでるものを欲しくなり取り合いになったり・・・・もう言い始めたらキリがない

怒ってばっかりの毎日ですが、

子供
「お母さんなんでこんな怖い顔してるの?」

「怒られるようなことしてるじゃん!」

「怒られるようなことしなければ怒らないわ!!」

と反論しましたが、

あれ?

最近イライラしすぎてて笑っていないとハッとしました。

 

イライラしてる時って、笑えないし、楽しいことできないですよね。

そんな時

私は女優」

女優になった気持ちで接する。笑う。オーバーリアクションとったり

なかなか効果あります。

というわけで

  • 積極的に片付けしてくれたり
  • 私の助けをしてくれたり
  • お父さんのお手伝いをしてくれたり

こんな感じでいい子になってきました。

 

いつもと違うお母さんなので初めは子供達も??

えっ??

状態ですが子供も喧嘩をやめ自然と仲良くなり

たくさん話しかけてくれるようになりました。

 

お母さんの笑顔って大切なんだと心から思いました。

演技でも笑ってたりすればそれが本当に楽しくなって

子供も楽しくなる!

 

そして優しいお母さんになりました。女優になりました。

子供もいつもと違うお母さんに困惑しますが・・・

嘘でも子供はお母さんが笑ってれば嬉しい。

そんな事言ってますが、いつも優しいわけではないですよ!!怒った時はそりゃ〜鬼

「バカこわい」ですよ!!

だけど笑顔でいる事!演技でもいいから、笑う事!は親も子供もいい子になれちゃいます。

 

笑っていきましょう!!

 

 

最新情報をチェックしよう!